ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:製本・装丁 ( 48 ) タグの人気記事

2011年版スケジュール帳の依頼を頂きました☆

以前に表参道のGallery,WANOMAさんで展示しておりました
マーブル紙の製本ノートを見て下さった方から、
2011年版のスケジュール帳依頼を頂きました。

毎回、オーダーのメールを受け取る瞬間は、
嬉しさと同時に緊張感がこみ上げてきます。

今回は、そのご覧頂いたマーブル紙で装丁したスケジュール帳!!

しかし…

残念ながら私の方でまだ、オリジナルのスケジュール帳(中身)自体を作っていないのです。

その旨をお伝えした上で、
ご希望の既製品のスケジュール帳の表紙を取り外して
こちらで装丁を施す方法なら可能
とお伝えしました。

この事をご了解頂き、希望されたスケジュール帳に
罫線ノートを更に追加しました。これは、お客様のご要望にお応えして…。

出来あがったのは、こちら⇓

b0193401_13501895.jpg


中表紙は、ピーコック・グリーン。
b0193401_1350298.jpg

このマーブル紙にとても合う色。

スケジュール帳のため、栞は2本付けています。
b0193401_13503718.jpg


b0193401_13504463.jpg


b0193401_13505026.jpg


1年間お客様が持ち歩いてくれるんだなぁ~。
と思うと、嬉しくなります♪

来年2012年版は、中身からオリジナルのものを作成するのが、目下の目標となりました。


*お客様の了承を得て、記事と画像を掲載しています。
[PR]
by bella_serenita | 2011-01-27 13:59 | 作品

巡り合い

新年あけましておめでとうございます。
Felice Anno Nuovo 2011!!


年が明けてからもう3週間近く経ってしまいました…。

今年1番のブログは、
昨年のAmuletさんで1日展示・販売をした際に起きた、
とっても素敵な出会いとその後についてです。

前回の記事に記載しましたが、神田のAmuletさんの店先(外!!)にて、
作品を展示させて頂いたかいがあり、
とても沢山の方々(通行人を含めて)に私の作品を見てもらえるというチャンスがありました。

そんな中、とても素敵な女性(この記事のタイトルとなる素敵な巡り合い)となるNさんがいらして、
作品を見てくれたのです。

ちょっとした製本・装丁の説明をした後に、何と
所有されている古い書籍等に装丁が出来るのか…とご相談を受けました。

実物を見てみないと…という前提でしたが、簡単なお話をした後1度お帰りに。

その後、
なんと手渡ししておいた紹介カードに記載している私のBlogを見てから、
再度来店して頂いたのです❤
それだけで、嬉しいー!!

その際に、作品を1つ購入もされました。
ありがとうございます。

素敵な巡り合いとは、

翌日にBOTTEGA CAMPANELLAのメールをチェックしますと、
そのNさんから大変丁寧なメールを頂きました。

なんと、店頭で話した書籍と楽譜の修復と装丁依頼です。

フランスの音楽と文学に携わっているということで、書籍も楽譜もフランスのものなんです。
それも、Nさんの恩師から譲りうけたり、フランスで購入されたりと
とても貴重な品。
年数も80年程経っている、まさにアンティークです。

このような素晴らしい品を、私が扱っていいのか??!! という、気持ちが1番に…

ただ、製本と装丁または、辞書などの表紙の張り替えを行ってきたわたしは、
修復(これ以上劣化を防ぐための作業や破損部分の修理)は、
まだ勉強しておらず。
このことを、正直にお伝えしました。

そしてその際に、この春に製本・装丁技術向上と修復の勉強のために
渡伊の予定である私は、
1つ提案をさせていただきました。
マエストロに実際に見て頂こうということ。

そして、なんとその提案を快諾してくださったのです。
本当に心から感謝の気持ちがいっぱいです。

詳しくお話を伺うのと、実物を見せて頂くために年末のお忙しい中、お時間を頂いてNさんと会いました。
そこで、どういう方向性で修復と装丁を行うのかを話ました。

長期間お預かりしてしまうのと、まだ勉強中である私にこの様な素晴らしい機会を与えて下さったNさんの期待に出来るだけ沿えるよう、精進していく気持ちを改めて固めたところです。

b0193401_147829.jpg


b0193401_1471593.jpg


b0193401_1473232.jpg


b0193401_1474257.jpg


初めて見る、なんと袋とじになっている書籍。袋を開かないと読めないのです…
理由は、不明。
b0193401_147542.jpg

フィレンツェへ戻った際に、マエストロに聞いてみます。
ただ、フランスとイタリアだと製本方法に違いがあるかもしれないのですが…。

こちらの書籍と楽譜の修復・装丁経過については、またいずれご紹介したいと思います。


Nさんのブログ



*ご依頼主のNさんの承諾を得て、記事と写真を掲載しています。
[PR]
by bella_serenita | 2011-01-19 14:22 | 素敵なこと

手づくり市への参加 -AMULETさんにて-

神田神保町のアンティーク雑貨のShopとカフェであるAMULETさんの
手づくり市の参加をしてきました。

当日はお天気が良かったからかな?!とても多くの方がお店を訪れたり、お店前の道の往来も途切れることなくといカンジがしました。

今回、初めて対面式での販売でしたので
どんなことになるかワクワクしていた反面、とっても緊張しました。

一目みてカワイイー・綺麗!と言ってくださる方。

ハリーポッターの本だっ!とズバリと意見を言うお子様方。
その指さしされた本は、『ハリー』と命名しました

手に取って、上から下から斜めから丹念に見て下さる方。

様々な反応が見れて、とっても充実した1日でした。

b0193401_14435259.jpg


b0193401_1444126.jpg


b0193401_1444852.jpg


風がちょっと吹き抜ける寒さがあったのですが、お店の外のテーブルに場所を選ばせて頂きました。
b0193401_14441497.jpg

Amuletのスタッフの方々もストーブを用意してくださったり、暖かい紅茶を出して下さったりと、とても親切でふんわりした良い雰囲気のあるお店でした。

そして、今回の手づくり市に参加されていたアーティストに方々。
どれ1つ見ても、同じジャンルが重なることがなく、手づくりらしい暖かさと個性の輝く作品でした。
また、初対面のアーティストさん達とお話出来たのも貴重な体験でした。


お花とレースをあしらったアクセサリーと歯車モチーフが
お好きというcressonさん。

ステッチ刺繍がキラリと素敵なブックカバーやポーチを作られている
Bamboboさん。

アンティーク調のアクセサリーを
制作されているyukinoiroさん。

充実した1日を過ごせました。

また、こういう機会があったら是非参加してみたいな❤
[PR]
by bella_serenita | 2010-12-14 15:04 | Galleria & Shop

作品 -Numero 32- 牛革+コットン布

初の牛革とコットン布を合わせた作品を作りました。
実際、何度か試作をしたのですが、革と布の合わせ部分の薄さの調整が思った以上に難航。
何度目かの挑戦で何とかブログ上にも載せられる作品になりました。

b0193401_1423963.jpg


中表紙は以前に同じコットン布を使った時に評判の良かった
真っ赤なカラーペーパーを使用。
b0193401_14322.jpg

表紙を開いた時に一瞬ベルベット生地に見える(ちょっと大げさかなぁ?)。
でも、実際色々な方から同じような感想を頂いたので、
今回も使用してみました。

b0193401_1462427.jpg

中身は、これも今回初のクラフトペーパーを使用。
ちょっとしたトラベルノート風になり、雰囲気がでます☆

b0193401_1485510.jpg

背表紙は、お決まりのデザイン!!
でも、今までとちょっと変えているのが、丸い曲線状で作っていたものを、
今回は、角を目立たせてカクカクしたカンジを出してみました。
(写真だと分かりずらいのですが。)

寸法
縦15cm x 横11.5cm x 厚さ1.5cm
クラフトペーパー256ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-12-05 14:15 | 作品

作品 -Numero 30&31- WANOMA クリスマス展 2010

ちょっとご無沙汰してしまいました。

12月17日から当ブログにて何度も紹介しております表参道の
Shop/Gallery WANOMAさんにて
WANOMA Christmas 2010 
の企画展に参加しています。

b0193401_13372137.jpg



この企画展のために制作した作品は2点。

ベージュ色の牛革を使用してます。いたってシンプル。
b0193401_1341391.jpg


中表紙にみどり1色のフィレンツェのシンボルジリオ(百合)の模様の
フィレンツェ産デザインペーパーを使用。
b0193401_13411783.jpg

表紙がシンプルなので、開いた時にちょっとしたインパクトを加えました。

Capitello(頂帯)は、中表紙の緑色に合わせて緑の革を使用。
b0193401_13413061.jpg


栞の先にタッセルをつけました。クリスマスらしく、赤と緑の配色に。
b0193401_13413990.jpg


黒い牛革と薄茶~濃い茶色にグラデーションされたデザインペーパーでの装丁。
b0193401_1341521.jpg

黒革の留め紐を使用。

b0193401_1342226.jpg


b0193401_13421186.jpg


b0193401_13422217.jpg


このクリスマス展は、11月17日から12月25日まで行っております。

是非、足を運ばれて直接作品を見て頂けたら
と、思ってます。
[PR]
by bella_serenita | 2010-11-22 13:51 | 作品

作品 -Numero 28 & 29- WANOMAさん5周年

現在、私の作品を展示・販売して頂いている
表参道 WANOMA さんが5周年を迎えられました。

✿おめでとうございます✿

その5周年展の企画に参加させて頂いております。

テーマは"5"

このテーマに沿ってどのような物を作るか…ちょっぴり試行錯誤。

まぁ、まずは基本の牛革とマーブル紙を使用した装丁本を。
b0193401_13435062.jpg


この背表紙のデザインをいつものサイズだと4本のラインのところを5本にしました。
b0193401_1344637.jpg


こちらは、綿布に革紐を取り付けたタイプ。
b0193401_13442990.jpg


どこに"5"というテーマがあるかと言いますと...
中の製本部分に5色のカラーペーパーを使用しました。
b0193401_13444248.jpg


寸法3冊とも
縦15cm x 横10.4cm x 厚さ1.6cm

11月15日まで展示されています。
お時間ある方、是非のぞいてみて下さい。

b0193401_13334922.jpg

[PR]
by bella_serenita | 2010-11-08 13:38 | 作品

作品 -Numero 27- シンプルさの中にもこだわり有り

以前にも使用したフィレンツェ市のシンボルである百合(Giglio)柄のデザインペーパーを使っての装丁。


b0193401_1581480.jpg


b0193401_1583054.jpg


b0193401_158449.jpg

中表紙は、オリーブ色にしました。

タイトルにあるシンプルだけど、『こだわり』とは…

b0193401_1585849.jpg

表紙と背表紙の中板として使用している厚紙の厚さを変え、
その間に程良い隙間を作ることにより、
⇈ ⇊ この様な段差が出来るのです。
そして、この段差があることで
表紙の開きが良くなり、ノートの書き込みの際に表紙が邪魔をすることなく使用出来ます。
b0193401_159746.jpg


ちょっとした事だけど、見た目もぐぅ~んっと
立派になるでしょう??!!

寸法:
縦16cm x 横11cm x 厚さ1.5cm
ブランクカラーペーパー156ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-11-01 15:18 | 作品

作品 -Numero 25- THE 王道

やっぱり、イタリア・フィレンツェで知って、学んだ製本・装丁だから
原点である
王道の作品も作り続けないとネ。。。

ということで、久々の牛なめし革とマーブル紙を組み合わせた装丁をご紹介。

決して、怠けていたのではないです。

革を薄く削ぐ、本の中身を縫う(製本)には
結構な時間を要します。

このマーブル紙…やっぱり素敵。
私のお気に入りの配色とデザインです。

栞も同じ牛革から切りだして使用。
b0193401_123108.jpg

この栞、通常よりやや長めに。

b0193401_1231658.jpg


b0193401_1232342.jpg


この背表紙デザインも、もちろん王道の作品には欠かせません。
b0193401_1233069.jpg


改めて、大好きなデザイン。
仕上がりも満足。とても気に入っています。

表参道WANOMAさんで展示頂いておりました。
ご購入下さった方、ありがとうございます

寸法
縦15.5 cm x 横10.5cm x 厚さ1cm
罫線ノート192ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-10-14 12:12 | 作品

作品 -Numero 24- ボーダー好き

実は、かなりのボーダー柄好き

夏は、特にトップスかストールか履物に1日1つ身につける程。

そこで、今回はボーダー柄で製本・装丁をしてみました。

そして
初の綿布地 (tessuto di cotone) を使用。

白い綿紐を留め紐として使用。
⇓は、クロスに留めています。
b0193401_13273374.jpg


留め紐を縦方向にも留められます。
b0193401_13274848.jpg


紐をしていない状態。
b0193401_1328037.jpg


裏表紙は、こんなカンジ。
b0193401_1328138.jpg


b0193401_13283464.jpg


b0193401_13284818.jpg


b0193401_13285735.jpg


今回も、ポケットを付けました。
b0193401_13292972.jpg

名刺やちょっとしたメモを入れておけます。

麻布のマチ付き。
b0193401_13291847.jpg


b0193401_13294554.jpg


留め部分に、これも私の手づくりの飾りを付けました。
コロンとしてて、カワイイでしょ?!
b0193401_13295617.jpg


寸法
縦15.5cm x 横10.5cm x 厚さ1.5cm
罫線ノート192ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-10-13 13:43 | 作品

作品 -Numero 21- 表紙を開くと...

もう、すっかりお馴染みの牛革のみを使用した製本ですが、
b0193401_1292742.jpg


b0193401_1294711.jpg


今回は、その黒の牛革の表紙を開くと
ちょっとした驚きのあるものに仕上げてみました。
b0193401_1210967.jpg

シンプルなブラウン系の色を使っていますが、
このマーブル紙…結構、インパクトがあると思うんです。

b0193401_12102537.jpg


b0193401_12103428.jpg

もちろん、お決まりの頂帯と栞も
ゴールドのサテン地で全体的に落ち着きがある配色に。。。

寸法
縦15.5cm x 横10.5cm x 厚さ1cm
罫線ノート総192ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-10-05 12:15 | 作品


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧