ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年版スケジュール帳の依頼を頂きました☆

以前に表参道のGallery,WANOMAさんで展示しておりました
マーブル紙の製本ノートを見て下さった方から、
2011年版のスケジュール帳依頼を頂きました。

毎回、オーダーのメールを受け取る瞬間は、
嬉しさと同時に緊張感がこみ上げてきます。

今回は、そのご覧頂いたマーブル紙で装丁したスケジュール帳!!

しかし…

残念ながら私の方でまだ、オリジナルのスケジュール帳(中身)自体を作っていないのです。

その旨をお伝えした上で、
ご希望の既製品のスケジュール帳の表紙を取り外して
こちらで装丁を施す方法なら可能
とお伝えしました。

この事をご了解頂き、希望されたスケジュール帳に
罫線ノートを更に追加しました。これは、お客様のご要望にお応えして…。

出来あがったのは、こちら⇓

b0193401_13501895.jpg


中表紙は、ピーコック・グリーン。
b0193401_1350298.jpg

このマーブル紙にとても合う色。

スケジュール帳のため、栞は2本付けています。
b0193401_13503718.jpg


b0193401_13504463.jpg


b0193401_13505026.jpg


1年間お客様が持ち歩いてくれるんだなぁ~。
と思うと、嬉しくなります♪

来年2012年版は、中身からオリジナルのものを作成するのが、目下の目標となりました。


*お客様の了承を得て、記事と画像を掲載しています。
[PR]
by bella_serenita | 2011-01-27 13:59 | 作品

巡り合い

新年あけましておめでとうございます。
Felice Anno Nuovo 2011!!


年が明けてからもう3週間近く経ってしまいました…。

今年1番のブログは、
昨年のAmuletさんで1日展示・販売をした際に起きた、
とっても素敵な出会いとその後についてです。

前回の記事に記載しましたが、神田のAmuletさんの店先(外!!)にて、
作品を展示させて頂いたかいがあり、
とても沢山の方々(通行人を含めて)に私の作品を見てもらえるというチャンスがありました。

そんな中、とても素敵な女性(この記事のタイトルとなる素敵な巡り合い)となるNさんがいらして、
作品を見てくれたのです。

ちょっとした製本・装丁の説明をした後に、何と
所有されている古い書籍等に装丁が出来るのか…とご相談を受けました。

実物を見てみないと…という前提でしたが、簡単なお話をした後1度お帰りに。

その後、
なんと手渡ししておいた紹介カードに記載している私のBlogを見てから、
再度来店して頂いたのです❤
それだけで、嬉しいー!!

その際に、作品を1つ購入もされました。
ありがとうございます。

素敵な巡り合いとは、

翌日にBOTTEGA CAMPANELLAのメールをチェックしますと、
そのNさんから大変丁寧なメールを頂きました。

なんと、店頭で話した書籍と楽譜の修復と装丁依頼です。

フランスの音楽と文学に携わっているということで、書籍も楽譜もフランスのものなんです。
それも、Nさんの恩師から譲りうけたり、フランスで購入されたりと
とても貴重な品。
年数も80年程経っている、まさにアンティークです。

このような素晴らしい品を、私が扱っていいのか??!! という、気持ちが1番に…

ただ、製本と装丁または、辞書などの表紙の張り替えを行ってきたわたしは、
修復(これ以上劣化を防ぐための作業や破損部分の修理)は、
まだ勉強しておらず。
このことを、正直にお伝えしました。

そしてその際に、この春に製本・装丁技術向上と修復の勉強のために
渡伊の予定である私は、
1つ提案をさせていただきました。
マエストロに実際に見て頂こうということ。

そして、なんとその提案を快諾してくださったのです。
本当に心から感謝の気持ちがいっぱいです。

詳しくお話を伺うのと、実物を見せて頂くために年末のお忙しい中、お時間を頂いてNさんと会いました。
そこで、どういう方向性で修復と装丁を行うのかを話ました。

長期間お預かりしてしまうのと、まだ勉強中である私にこの様な素晴らしい機会を与えて下さったNさんの期待に出来るだけ沿えるよう、精進していく気持ちを改めて固めたところです。

b0193401_147829.jpg


b0193401_1471593.jpg


b0193401_1473232.jpg


b0193401_1474257.jpg


初めて見る、なんと袋とじになっている書籍。袋を開かないと読めないのです…
理由は、不明。
b0193401_147542.jpg

フィレンツェへ戻った際に、マエストロに聞いてみます。
ただ、フランスとイタリアだと製本方法に違いがあるかもしれないのですが…。

こちらの書籍と楽譜の修復・装丁経過については、またいずれご紹介したいと思います。


Nさんのブログ



*ご依頼主のNさんの承諾を得て、記事と写真を掲載しています。
[PR]
by bella_serenita | 2011-01-19 14:22 | 素敵なこと


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧