ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:作品( 49 )

作品 -Numero 18- 新デザイン

スタンダードなタイプの作品を今まで幾つも紹介してきましたが、
今回は新たに考えたデザインの本を紹介します。

閉じた状態で正面から見た状態だと、
スタンダードなタイプに見えますが…
b0193401_10182941.jpg


表紙を開くと、さらに別の表紙を付けてみました。
b0193401_10184457.jpg


b0193401_10185367.jpg


留め紐部分は、ゴールドのリボンを使用。
マーブル紙に使われている金箔と色を合わせるために。
栞も同色にしてみました。
b0193401_1019248.jpg


パタンパタンと2つ扉を閉じておけるので、
ポケットが付いてなくても、ちょっとしたメモや名刺を挟んでおけます。

寸法
縦15cm x 横10.5cm x 厚さ1.5cm
罫線ノート224ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-29 10:26 | 作品

作品 -Numero 17- Capitelloを縫い上げる

1つ製本を完成させるために、様々な工程があります。
この作品はその工程の中において、マエストロでさえも難しいと口にするCapitello(本の背の上下両端の頂帯)を縫い上げるのを重点的に修業したもの。

今までに幾度となく紹介してきた、スタンダードなタイプの装丁。
赤こげ茶の牛革に孔雀の羽根模様のようなマーブル紙。

b0193401_114745100.jpg


中表紙は、別紙にせずに表紙と同じマーブル紙を使用。

b0193401_11481193.jpg
b0193401_11482028.jpg


牛革もマーブル紙との接合部分を考慮して、極限まで薄く削ぐ。

b0193401_11484076.jpg


今回の課題とした、Capitelloを2色の糸で一針づつ縫い上げました。
b0193401_11485723.jpg

以前にも記述しましたが、マエストロでさえ難しくて好きになれないこのCapitelloを縫う工程を私は結構気に入ってます。
しかも、御墨付き♪
小さな作業を黙々と行うのも性に合っているみたい。

製本最後の工程は、熱した鉄のコテでの革の模様付け。
b0193401_11491441.jpg

この作業、革を本に貼る前にはやらないんです。革だけの段階で先に模様をいれると、装丁した時点でデザインがずれてしまう可能性がある。
そして
装丁後の全体のバランスを見てから行う必要があるため。

この作業は、何度やってもやはりやはり緊張の連続 ふぅーっ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-23 11:52 | 作品

作品 -Numero 16- こんなもの作ってみました♪ 第3段

久しぶりに製本から離れて…☆

六角鉛筆にマーブル紙を巻いて作ってます。
b0193401_11445914.jpg


b0193401_11451040.jpg

「地球は青かった。」 by ガガーリン *人類初の有人宇宙飛行に成功
の言葉が思わず浮かんでくるような
なんとなく、宇宙から見た地球の表面に見えません??!!
(テレビ映像でしか見たことナイケド)

このマーブル紙、フィレンツェ市内のとある工房で見つけたのですが、
あまりにも個性的な模様なので、
この柄を上手く生かせる様に
現在はどのような装丁で製本するかを思案中...(-。-)y-゜゜゜

制作が完了したら、こちらで紹介したいと思います。
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-22 11:58 | 作品

作品 -Numero 15- 革を削ぐのは難しい…

少し時間を遡って。。。

オメロ氏の工房での修業を始めた頃…
フィレンツェの製本・装丁において、とてもスタンダードなタイプである、
牛革 + マーブル紙を使った作品。
b0193401_11495435.jpg


以前にもちょっと記述したことがあるのですが、
マーブル紙と牛革の接合面にあまり段差を生じさせない様にするために、
革をギリギリまで薄く削ぐ必要があります。

その、『革削ぎ』の練習として作成したもの。
b0193401_11503153.jpg

触れた時に、違和感を感じさせない程度まで薄く革を削ぎ落してます。
写真のように、革同士が重なり、更に紙を貼っている部分は、
革が厚いままだと、その部分だけもっさりとしてしまうので。

背表紙は、はやりこのタイプ。
b0193401_115121.jpg

そして、上・下決まっているタイプ。にて紹介してます。
飾りの付け位置を触って、どちらが上か分かるタイプ。

こちらの2枚の写真で分かりますが、中身のノート部分のサイドに
赤いインクで色付けしています。
b0193401_11511561.jpg
b0193401_11513142.jpg

これは、前回紹介の作品Numero14のデザイン的意味のあるマーブル模様とは異なり、
埃が入り込まないように、また紙を保護する目的として用いられている
昔ながらの技法です。

表紙部分を取り付ける以前の段階で
ノート部分を縫い合わせた後に、特殊インクで色付けしています。

そして、
またまた緊張する作業が。

革部分に、熱くした鉄型で飾りつけ。
b0193401_11514021.jpg

作業中は、呼吸を停めている状態 (゜-゜)
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-21 12:14 | 作品

作品 -Numero 14- マーブル紙+布製

今回初めて、マーブル紙と布(キャンバス生地)による装丁をしました。

マーブル紙は、師匠のオメロ氏作成のもの。
デザイン・色の組み合わせ・寸法は、私が決めました。

b0193401_10352131.jpg


b0193401_10352840.jpg


b0193401_10353550.jpg


今までの作品とちょっと異なる点は、
本の中身部分をサイドから見た時に、マーブル模様が装飾されていること。
b0193401_1035415.jpg


b0193401_10354853.jpg


b0193401_10355472.jpg

これは、デザイン性を高めるために、
製本前に中の紙を縫い上げた段階で、マーブル紙を制作する同様の方法で、
ジェル状の液のインクを垂らした所へそっと置き、模様を写し取ったもの。

今までの作品とちょっと一味違うでしょう??
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-17 10:49 | 作品

作品 -Numero 13- 総革仕上げ+型押し

総革で仕上げた装丁を何度か制作してきましたが、
今回は、その革の表紙に色々な模様の型を使用してデコレーションしました。

作成したものは、
師匠のオメロ氏のデザインなので、いずれ自分のデザインしたものを作成して
こちらで紹介出来ればイイなぁ。と思っています。

イタリアン・カラーらしい深紅の牛革を使用。
b0193401_13235875.jpg


背表紙は、やはりクラッシックに仕上げました。
b0193401_1324767.jpg

⇈ 今まで作成した、このタイプの背表紙とちょっと違う点は、
本のトップから1番目の飾り部分までの長さと本の下端から1番下の飾りまでの長さが異なること。
これは、オメロ氏のデザインの特徴で、
背表紙に手で触れただけど、どちらが上下か分かるようにしてるのです。

b0193401_13241316.jpg


中身は、白のブランクノート。
以前にも記述したように、
オメロ氏のデザインの場合は、
別紙で中表紙を作成せずに中身となる最初と最後の1ページを中表紙として、
表に貼り付けています。
b0193401_13242045.jpg


革をぎりぎりまで薄く削ぐことによって、紙(中表紙)との段差を感じさせないように仕上げます。
b0193401_13242815.jpg


フィレンツェ市のシンボルの百合等の型を使用して、
表紙にデコレーションしてます。
やはり以前に作成したにて革の淵に型で線を入れているように、
熱した型で、模様を付けています。
1度で成功させないとならないので、やはりこの型押しは緊張します。
力の入れ加減など、身体のどこに一番力を入れるのかコツを掴むのがとても難しかったです。。。
b0193401_13243645.jpg

[PR]
by bella_serenita | 2010-09-13 13:54 | 作品

作品 -Numero 12- 牛革+マーブル紙

これまでに何度か作成した「牛革+マーブル紙」のスタンダードなタイプを再度、制作。

大好きなブルーグレーの牛革にピンクと青を基調としたマーブル紙での仕上げ。
b0193401_10511881.jpg


b0193401_10512515.jpg


中表紙は、表紙のマーブル紙に使用されている色の1つの桜色で揃えました。
b0193401_10513286.jpg

最近は、中身のノート部分を方眼紙にすることが多かったのですが、
久々、ブランクノートにしました。
だたし、色はカスタードクリームのような薄い黄色に。

b0193401_10513898.jpg


寸法
縦20.5cm x 横15cm x 厚さ1.8cm
ブランクノート総168ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-10 11:03 | 作品

作品 -Numero 11- 総革仕上げ

久しぶりに牛革のみで総仕上げした製本です。

薄めのこげ茶色にグレーが混ざった様な、
年代を感じさせる渋い色の革を使用。

今回は、での総革仕上げと違って、
表紙・裏表紙・背表紙に厚紙を使用したタイプにしました。
b0193401_13591958.jpg


そのため、使用した革も厚さ1mm以下に削ぎ落しています。
b0193401_13593640.jpg

革を極限まで薄く削ぐのは、中表紙を付けた後に、
上から触れてもその段差が分からないようにするため。

これを完璧に仕上げるには、長年の経験が必要となるのです。
それを目指して現在、日々の技術を磨いています。

既に、何度も記述していますが、
やはりこの背表紙があってこそ
いかにもヨーロッパ・イタリアの古いタイプの本を彷彿させます。
b0193401_13592913.jpg


b0193401_13594399.jpg

この背表紙を作るのも、また一手間かかるので、
さらに愛着がでます。
b0193401_13595126.jpg

制作方法は、もちろん秘密。

Capitello(カピテッロ)と呼ばれる、本の背の上下の頂帯と栞の色を
ライムグリーンで揃えてみました。
b0193401_13595721.jpg


b0193401_140549.jpg


勝手ながら…
ヘミングウェイのような文豪もしくは、
映画ではインディ・ジョーンズあたりが
持ち歩いていそうなイメージの作品です。

寸法
縦17cm x 横11cm x 厚さ1.8cm
方眼紙ノート 192ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-08 14:25 | 作品

作品 -Numero 10- 総マーブル紙仕上げ

ピンクを基調としたポップカラーのマーブル紙を全面に使用して製本してみました。

このマーブル紙は、フィレンツェ市内で私が気に入って購入したもの。

いままで紹介したタイプは、落ち着いたグラデーションでしたが、
今回使用分は、ちょっと現代っぽい??!!カンジのもの。

b0193401_12581030.jpg


b0193401_12582996.jpg


表紙がポップカラーなので、中表紙は落ち着いたミッドナイトブルーに。
b0193401_12583641.jpg


もちろん、便利な栞もつけて。
b0193401_12581922.jpg

表紙のマーブル紙に使用されているピーコックグリーンで合わせました。

b0193401_12584420.jpg


寸法
縦16.5cm x 横10.5cm x 厚さ1.2cm
方眼紙ノート176ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-07 13:11 | 作品

作品 -Numero 9- 友人のへのプレゼント。好みを見極めて?!

製本・装丁を始めてからいくつかの作品を制作してきたが、
とうとう自分の作品が人の手に渡る日が来た。

その相手とは、
語留学をした時にフィレンツェのイタリア語学校で知り合った女友達である。

同じく、イタリアという国に魅かれて言語を学び・文化を触れにフィレンツェにやってきた者同士だ。
その彼女と親しくなっていくうちに趣向がとても似ていることに発見した。

日本の伝統工芸と同様に退廃していく一方であるフィレンツェの伝統工芸に
寂しさを覚えつつも、
その素晴らしさを感じている1人である。

様々な意見や好みが私と一致する彼女は、
伝統工芸に魅せられつつも
現代っ子らしくパソコンや携帯を愛用している。

が、同時にとてもアナログな一面ももちあわせているようだ。
外出時には必ず、コンパクトなノートと鉛筆を持ち歩いている。
ちょっとした気になった物事を書き留めるためだ。
まるで、東京の地下鉄で川柳を詠んでいるサラリーマンのように。
携帯のメモ帳にメモをしたりなど、しないのだ。

そんな彼女の誕生日が間もなくであると気が付いた私は、
『プレゼントには、私が製本したノートを!』
と心に決めた。

しかし、どんなデザインのノートなら彼女に喜ばれるのか?
まるで、愛する彼へプレゼントするために欲しい物をひそかに探るように、
あれこれと彼女が所持するノートへの質問をしてみる。
しかし、
あたかも、製本制作のためのリサーチをしているかのように。

そして、幾つかの質問を投げかけて分かったこと:
1) ちょっと、幅狭で縦長のもの。
2) ヨーロッパの伝統的な背表紙の飾りで紹介。
3) 中身の用紙は、全くの白紙よりはむしろ方眼紙状。
彼女にはこの方が、書き易く使い勝手が良いそうだ
4) 以前彼女に見せたことがある、クジャクの羽根柄のようなマーブル紙を
気に入っているらしい。
5) そして、無類の青好き。

これらの点を踏まえて作成したものがコチラ⇊
b0193401_15372090.jpg

写真だと分かりにくいが、革の部分も青色(ブルーグレー)。

こちらは、裏表紙。
b0193401_15374380.jpg


リサーチの結果、中身は方眼紙に。
栞も付けて。
b0193401_1537584.jpg


伝統的な背表紙の飾りも忘れません。
b0193401_15381075.jpg


無類の青好きということで、中表紙もライトブルーに。
b0193401_15381847.jpg


プレゼントを贈る相手の好みを考え、そして制作するっていうのは
普段より一段と気合が入る。

さて、彼女の反応は。。。


リサーチをした甲斐あり。みごとに大当たり。
大変喜んでもらえた。

実際、早速このノートを使用し始めたよう。

これこそ、職人冥利に尽きるというわけ。
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-03 15:50 | 作品


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧