ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita

2010年 09月 13日 ( 1 )

作品 -Numero 13- 総革仕上げ+型押し

総革で仕上げた装丁を何度か制作してきましたが、
今回は、その革の表紙に色々な模様の型を使用してデコレーションしました。

作成したものは、
師匠のオメロ氏のデザインなので、いずれ自分のデザインしたものを作成して
こちらで紹介出来ればイイなぁ。と思っています。

イタリアン・カラーらしい深紅の牛革を使用。
b0193401_13235875.jpg


背表紙は、やはりクラッシックに仕上げました。
b0193401_1324767.jpg

⇈ 今まで作成した、このタイプの背表紙とちょっと違う点は、
本のトップから1番目の飾り部分までの長さと本の下端から1番下の飾りまでの長さが異なること。
これは、オメロ氏のデザインの特徴で、
背表紙に手で触れただけど、どちらが上下か分かるようにしてるのです。

b0193401_13241316.jpg


中身は、白のブランクノート。
以前にも記述したように、
オメロ氏のデザインの場合は、
別紙で中表紙を作成せずに中身となる最初と最後の1ページを中表紙として、
表に貼り付けています。
b0193401_13242045.jpg


革をぎりぎりまで薄く削ぐことによって、紙(中表紙)との段差を感じさせないように仕上げます。
b0193401_13242815.jpg


フィレンツェ市のシンボルの百合等の型を使用して、
表紙にデコレーションしてます。
やはり以前に作成したにて革の淵に型で線を入れているように、
熱した型で、模様を付けています。
1度で成功させないとならないので、やはりこの型押しは緊張します。
力の入れ加減など、身体のどこに一番力を入れるのかコツを掴むのがとても難しかったです。。。
b0193401_13243645.jpg

[PR]
by bella_serenita | 2010-09-13 13:54 | 作品


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧