ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita

2010年 09月 08日 ( 1 )

作品 -Numero 11- 総革仕上げ

久しぶりに牛革のみで総仕上げした製本です。

薄めのこげ茶色にグレーが混ざった様な、
年代を感じさせる渋い色の革を使用。

今回は、での総革仕上げと違って、
表紙・裏表紙・背表紙に厚紙を使用したタイプにしました。
b0193401_13591958.jpg


そのため、使用した革も厚さ1mm以下に削ぎ落しています。
b0193401_13593640.jpg

革を極限まで薄く削ぐのは、中表紙を付けた後に、
上から触れてもその段差が分からないようにするため。

これを完璧に仕上げるには、長年の経験が必要となるのです。
それを目指して現在、日々の技術を磨いています。

既に、何度も記述していますが、
やはりこの背表紙があってこそ
いかにもヨーロッパ・イタリアの古いタイプの本を彷彿させます。
b0193401_13592913.jpg


b0193401_13594399.jpg

この背表紙を作るのも、また一手間かかるので、
さらに愛着がでます。
b0193401_13595126.jpg

制作方法は、もちろん秘密。

Capitello(カピテッロ)と呼ばれる、本の背の上下の頂帯と栞の色を
ライムグリーンで揃えてみました。
b0193401_13595721.jpg


b0193401_140549.jpg


勝手ながら…
ヘミングウェイのような文豪もしくは、
映画ではインディ・ジョーンズあたりが
持ち歩いていそうなイメージの作品です。

寸法
縦17cm x 横11cm x 厚さ1.8cm
方眼紙ノート 192ページ
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-08 14:25 | 作品


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧