ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

作品 -Numero 34- 再装丁

ヨーロッパでは年代物の本や先祖・親から大切に引き継がれた書籍等を所有している方が
多く見られるようです。

今回は、およそ100年前に出版された貴重な本を再装丁しました。

まずは装丁前の状態【Before】

b0193401_416422.jpg


b0193401_4165653.jpg


表紙・背表紙が中身から外れかかっていました。
b0193401_417950.jpg


b0193401_4172446.jpg


b0193401_4173638.jpg


そして装丁後【After】

まず、取れかかっていた表紙を取り外し、中身の強度を保つために縫い直しをしました。
その後、厚紙を芯とした上にBassano del Grappa発祥のTASSOTTI社のデザイン・ペーパーで装丁。
表紙・裏表紙・背表紙は破損していない部分ギリギリでカットした後に装丁済みの本に装着。
b0193401_4183414.jpg


b0193401_4184549.jpg


b0193401_418552.jpg

今回の方法による再装丁は、あくまでも依頼主からの許可を取って行っています。

そして、最後に再装丁した本を保存するためのカバーを作成。
芯の部分は、木屑を圧縮したボードを使用。かなり硬くて頑丈です。
そのボードに、再装丁で使用した同様デザイン・ペーパーを使用。
b0193401_4175168.jpg


b0193401_418364.jpg


ただし、上下部分のみはカフェで染色した紙を使用しました。
デザイン・ペーパーに合うこの色を出すのに一苦労しました。
b0193401_4182011.jpg


b0193401_419537.jpg


すっかり綺麗になって、無事依頼主の書棚に並んでいます。
[PR]
by bella_serenita | 2011-04-21 04:39 | 作品
<< 200年前の… フィレンツェでの買い付け:デザ... >>


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧