ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィレンツェでの買い付け:マーブル紙&デザインペーパー No.1

フィレンツェに居るので、いろいろな紙のお店に頻繁に足を運んでます。

今回、購入したマーブル紙とデザインペーパーをコチラでご紹介します。

以前の滞在時よりお気に入りの近くの1軒。

ショーウィンドーに飾られていたデスク周りの小物に使用されていた
緑色のマーブル紙に目が釘つけ。
すぐにお店に入って、その旨を伝えたところ…

なんと、前日にイタリア女性が1人でこのデザインのマーブル紙を10枚も購入していって、在庫が1枚のみ…との回答が。
何でも、大学卒業記念用のフォト・アルバムを作るためだとか。

唯一残っていた1枚の緑マーブル紙―お店の方曰く、
インクの染みが目立つから、急がないのなら1週間待てば工房から新たに送られてくるとの話が…。
それならば、と緑マーブル紙は1週間待つ事にしました。

でも、他のマーブル紙やデザインペーパーも多く置いてあったため、
「ゆっくり見ていてイイわよぉ~」と。
棚になってしまわれている紙を全段見させて頂きました。

そして、気に入って購入したのが以下の2種類。

フィレンツェで頻繁に目にするマーブル紙柄の1つ。
色の配色がとっても綺麗な暖色系 (茶~オレンジ色) のため購入。
b0193401_22334613.jpg


b0193401_2234241.jpg


↕1枚めのマーブル紙をマクロ撮影したもの

b0193401_22341646.jpg


⇊こちらは、木版を使って2色刷りをしたデザインペーパー。
浮世絵を摺る時のように、1色目を摺った後、紙を木版にきっちり合わせて2色目を摺るそうです。
これには、高度な技術が必要です
b0193401_22343161.jpg


カットして使えるように、絵柄もさりげなく分割出来るデザインになっています。

⇊上記のデザイン・ペーパーの1箇所をマクロ撮影したものです。
b0193401_22344566.jpg


そして、1週間待った後に手に入れた緑色のマーブル紙。
お店の方も覚えてくださっていて、親切に店の外の陽の光の下で見せて頂きました。
お店の中は黄色系の電飾を使用のため、実際の色と異なってしまうため。

墨流しのような柄が大変気に入ってます。
b0193401_22433135.jpg


⇊上記マーブル紙をマクロ撮影したもの。
b0193401_22435141.jpg


この時に同時に工房から送られてきていた、同じ柄の白・銀・金色を使用したマーブル紙。
b0193401_2244640.jpg


b0193401_22441828.jpg


マーブル紙は手作業による製作のため&色やデザインが同じものでも一度の製作で1枚しか作れない、2枚として同じものは出来ない唯一無二の物なので、とっても魅かれます。

今後も買い付け次第、コチラでアップしていきます☆
[PR]
by bella_serenita | 2011-02-27 22:54 | マーブル紙
<< ほっと一息:おやつタイム♪ ポンテ・ヴェッキオ:Ponte... >>


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧