ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

作品 -Numero 26- 結婚のお祝い

つい先日、フィレンツェでの友人であるTさんとイタリア人の旦那様となったAさんの結婚式がありました。

長年お付き合いされてきた2人の新たなる門出になれば。。。

と思い、お祝いに手づくりの品を贈ろうと式から遡ること数カ月前から考えていて、

やはりアルバムがイイという結論に達して、今回作成完了しました。

通常の製本技術と変わりなく、
も込めて。

様々なマーブル柄から、この柄を選びました。
モスグリーンにグレーと銀色を上手く配合されていて、最後に銀粉がふり掛けてあります。
おめでたいイメージに。

b0193401_16545086.jpg

ちょっと、くすんだ茶色の牛革を背表紙に使用。
もちろん、王道のデザインを入れてます。

b0193401_1655294.jpg

なかのアルバム台紙は、透明のフィルムをピリピリ剥がして使うタイプ。
製本の際に、イタリアではギロチン(怖っ!)と呼ばれている、いわゆる紙を切る台で、サイズを整えました。

b0193401_16551117.jpg


b0193401_16552154.jpg


b0193401_16553081.jpg


新郎・新婦を始め、式に列席された方々からも大絶賛のお声を頂きました。
普段、フィレンツェで目にしているであろうイタリア人にも評判が良く、構想を練って作ったかいがありました。
実際とても嬉しいです
[PR]
by bella_serenita | 2010-10-29 17:11 | 作品
<< 作品 -Numero 27- ... 作品 -Numero 25- ... >>


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧