ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

il porcellino -幸運のイノシシ-

製本業から離れて、久しぶりのフィレンツェを紹介。

主役は、Fontana del Porcellino!!
子ブタの泉/噴水盤
とでも直訳したらいいのでしょうか。
う~ん、日本語にするとちょっと素敵感がなくなるような気がするのですが。

勝手ながら、私のこのBlogのキャラクターのイノシシ(注:ブタさんではありません。)は、
この愛すべきフィレンツェのマスコット(?!)から、採らせて頂きました。
さて、何故子ブタではなく、イノシシなのか?

このブロンズ製のイノシシは、愛称をIl Porcellino-ポルチェリーノ (子豚)
と呼ばれております。
実際は、Cinghiale(イノシシ)像なので、このニックネームが実際正しいのか、
ちょっと疑問なのですが…

場所は、かの有名なPonte Vecchio (ポンテ・ヴェッキオ)にほど近い、
Loggia del Mercato Nuovo (革製品を中心としたお土産を売っている屋台が沢山出ています)に置かれています。

1560年にローマ法王ピオⅣ世がコジモⅠ世に寄贈し、
現在はGalleria dei Uffiti (ウフィツィ美術館)に所蔵されている
大理石製のオリジナルを
コジモⅡ世・デ・メディチ(CosimoⅡ de Medici)が彫刻家であるピエトロ・タッカ (Pietro Tacca)にブロンズ製の複製を作らせたものだそう。
このオリジナルのブロンズ製による複製(なんだかややこしい…)は、現在はMuseo Bardiniに所蔵されています。


その更なる複製がが前述のLoggia del Mercato Nuovoにあるわけです。

b0193401_13485686.jpg

後ろにお尻を出したお兄さんが写ってしまいました。PCで確認してちょっとビックリ。

⇊背景が綺麗で、別角度からの写真がフリー素材でありました。
b0193401_13492051.jpg


お鼻がすっかり金ピカになっていますが、それにはワケがあるのです。

それは、伝説とも迷信とも言われていますが、
お鼻の先をなでなでした後に、このイノシシくんの口にコインをいれ、
そのコインがイノシシの足元にある穴にみごとにはいると、
『幸運が訪れる』とか『フィレンツェにまた戻ってこられる』
とされています。

このコイン入れ、結構難しいんです。なかなか1度では上手くコインを穴に入れることが出来ない。。。

連日、観光客にみなさんで賑わってます。

現在は、このポルチェリーノは世界の様々な街に複製があるそうです。


b0193401_1112142.jpg
[PR]
by bella_serenita | 2010-09-24 13:56 | フィレンツェの風景
<< 作品 -Numero 18- ... 作品 -Numero 17- ... >>


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧