ほっと一息 ♪ Cappuccio イタリア・フィレンツェ伝統工芸

イタリアと日本を行き来。革と紙を使ったフィレンツェの伝統工芸である製本・装丁に魅せられ☆日々、修業と制作に打ち込むMisuzuのブログ
by bella_serenita
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

作品 -Numero 3- マエストロのオリジナル☆デザイン

早くも、マエストロに弟子入りしてから3つ目の制作品です。

今回制作の『本』は、私のマエストロ(お師匠様)の
オリジナルデザイン
となります。

『製本』は、フィレンツェの伝統工芸。
ですから、フィレンツェ中に多数の工房が
ひしめき合っています。

その中にあって、
マエストロであるエンリコ・ジャンニーニ(Enrico Giannini)氏は、
様々なオリジナルデザインの作品を産出し、
その多くのデザインを
多くの他の工房が
見習い、制作することもあるのです。

⇊ まるで孔雀の羽根のようなデザインのマーブル紙。エンリコの手によるもの。
とっても繊細な柄ですよね。同系色のグラデーションがシックです。
b0193401_1658155.jpg

私も早くこの様に職人技が輝る、マーブル紙を作れるようになりたいなぁ...。
マーブル紙については、また別の機会にご紹介する予定です。

⇊ これまでの2つの作品との相違点
閉じ紐が付いている。
b0193401_16582825.jpg

鍵ではないので、秘密の日記帳(!!??)に使用...
という訳には行かないのですが。。。

革紐を使用していますが、
素材を変えることにより、見た目の印象もガラリと変わります。
b0193401_16583837.jpg

この革紐もちゃんと私が細く切り出しています。


今回のような製本のデザインを
私のマエストロのエンリコが
考えた目的は...

コストを下げつつも、
伝統工芸技術も用いて、
良いデザインの物を制作するため。

では、どこでコストを下げているのか?
その1: 今回は、角に補強用(デザイン性もあり)の革を貼り付けていない。
その2: 更に、背表紙の飾りを付けていない。
b0193401_16584899.jpg


このタイプの背表紙に使用する革は、薄くする必要性が無いため
革を削ぐ作業が不要となるのです。

この革を削ぐ作業は、
マエストロからの際に
「まだ、教えるには早い!」
と言われた、例の難しい作業です。

今回は、厚い革の使用のため、
背表紙の骨と言いますか芯となる紙を入れないのです。
その分、かなりの厚手の革を使用しています。

手仕事/ハンドメイド(fatto a mano)物は、やはりパーツが多くなると
その分手間も時間もかかるのです。

この革の色(濃い青)、とても綺麗でしょう-☆
日本では、なかなか見かけないような気がします。

もし、ご存知の方や見かけたことのある方がいらっしゃいましたら、
教えて下さい(ペコリ)。

実は今回は、ちょっと失敗談があります。
背表紙と中のノート部分の紙をくっつける時点で
スペースの取りが足りず、
本を開くと
キツイのです。

この事を糧に、
次回以降は、同じ失敗をしないように
成長し続けます!!(失敗はやはり成功のもと)
[PR]
by bella_serenita | 2010-08-09 18:02 | 作品
<< フィレンツェと言えば... -... 作品 -Numero 2- 私... >>


BOTTEGA CAMPANELLA
こちらのブログで紹介の作品やサイズ・色を変えた製本のオーダーを受け付けています。また、古くなってしまった大切なアルバムや本のカバーを革のカバーに付け替えてみませんか。

検索
最新の記事
展示会2013開催決定:京都..
at 2013-03-29 06:01
2013年版 スケジュール帳
at 2013-03-25 00:11
祝!開店*Online Sh..
at 2013-03-12 05:56
装幀タイプ
at 2013-01-13 23:53
Pinterestも開始しました
at 2013-01-06 20:10
以前の記事
カテゴリ
タグ
記事ランキング
外部リンク
その他のジャンル
画像一覧